女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

fraise

離乳食としてベビーチーズは食べさせても大丈夫!?

ベビーチーズは手頃に手に入れることができ、
スーパーはもちろん
ドラックストアやコンビニなどでも売られていますよね。

「ベビー」と付くと、
赤ちゃんの離乳食にも食べさせてよさそうに思うママは多いはず。
そこでいつ頃から食べさせてもいいのか、
また食べる量はどのくらいがいいのかなどをまとめました。

ベビーチーズは何歳から食べさせるの?

そもそも、ベビーチーズというのは、
形が小さいことで「ベビー」と付くんだとか。

成分は、プロセスチーズと一緒で、
よくわたしもピザパンを作るときに使ったりしますが、
とろけるチーズなどと同じです。

食べさせてもいい年齢は、
「離乳食中期の後半(8カ月ごろから)」となっています。
ですがこれはあくまで目安ですので、
赤ちゃんの離乳食の進み具合をよくみながらスタートしましょうね。

チーズといっても、種類は豊富で
クリームチーズや粉チーズなどさまざまにありますね。

ベビーチーズだけでなく、クリームチーズや粉チーズも、
同じように離乳食中期の後半から
様子を見ながらスタートしてください。

また5,6カ月からあげられるチーズもあります。

「カッテージチーズ」といって、
塩分や脂肪分の少ないチーズで、
きっとはじめて聞いたママも多いのではないでしょうか。

わたしも離乳食をスタートするまで知りませんでしたが、
スーパーなどでもふつうに売っています。
購入する場合は、
裏ごしタイプを選ぶとなめらかなので赤ちゃんも食べやすいです。

ただ、カッテージチーズは値段がやや高め。
食べさせたくても、値段が高いとなかなか手が届かないですよね。
カッテージチーズなら、簡単に手作りもできます。

カッテージチーズレシピ

材料:牛乳(無調生乳)50cc、レモン汁小さじ1

  1. 牛乳を耐熱皿に入れ、レンジ600wで30秒加熱させる
  2. レモン汁を加え、放置する。
  3. だんだんと分離してくるので、キッチンペーパーや布でこす。

また、手作りした場合は傷みやすいので、
1週間くらいで使い切りましょう。
フルーツなどと混ぜてあげると、食べやすいと思います。

また食べさせる量ですが、
はじめての食材をあげるときと同じく、小さじ1の量からはじめます。

ベビーチーズを食べさせるときの注意点は?

チーズは牛乳と比べると、
アレルギーがおこりにくいと言われています。

ですが乳製品には変わりないので、
与えたあとはアレルギーがでないか様子をみてあげましょう。

また、口の中で溶けにくいので小さく刻んだり、
つぶしてミルクと混ぜて食べさせてあげると、
赤ちゃんも食べやすいですね。

カミカミ期(1歳~)くらいになれば、そのままあげてもOKです。

ベビーチーズは塩分、脂肪分が多いので、
与えすぎには注意が必要な食材です。

1回の食事では
お魚やお肉も含めてレシピを考えると思いますので、
ベビーチーズは
8カ月で4分の1くらい、
9~11カ月で半分くらい、
12~18カ月で4分の3くらいを
目安として考えておきましょう。

まとめ

チーズは
カルシウム、たんぱく質、ビタミンB12が含まれ、
とても栄養のある食材。

塩分や脂肪分に気をつければ、
手軽に栄養がとれる食材ですので、レ
シピ本などを参考にしながら入れていくととてもいいですね。







CATEGORIES & TAGS

fraise,

Author: