女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

gumi0323

ミルクの場合の夜間断乳はどうすれば良い?

夜間断乳」という言葉、よく耳にしていつから始めようと考えている人は多いと思います。

そして、ネットで調べてみても完ミルクで夜間断乳している話が少なく、
どうしたら良いのか困っていることはないですか?

今回はミルクを飲んでいる場合の
「夜間断乳」についてお話ししていこうと思います。

そもそもどうして「夜間断乳」が必要なの?

では、おっぱいを飲まない完全にミルクの子は
「夜間断乳」をどのように取り組めば良いのかお話しします。

そもそもどうして「夜間断乳」が必要なのでしょうか。

それは、夜間の授乳は母乳のお母さんに比べて
ミルクを作るお母さんの方が起き上がってお湯を沸かしたり、
流水で冷やしたりなど手間がかかって大変ですよね。
お母さんの負担を減らすという点で
「夜間断乳」はできたら嬉しいことですよね。

ただ、生まれてすぐの赤ちゃんにとっては夜の間の授乳は大切な行為です。
一度にたくさんの授乳はできないので
少しずつミルクを飲む必要があるからです。

ではここで、夜間断乳はいつ始めれば良いのかが問題になってきます。

夜間断乳の断ミルクはいつから?その方法は?

「夜間断乳」はいつから始めたら良いのか、
それはミルクの子も母乳の子も変わりません。
時期的にはだいたい10ヵ月が目安です。

ただ、これは目安というだけなので絶対ではありません。
なぜ10ヵ月なのかというと、
離乳食が始まりだして夜間に起きることが少なくなるからです。

人間が一人一人違う個性や性格であるように、
赤ちゃんの成長の進み具合も違ってきます。
ですので、赤ちゃんが夜間眠る時間が少し伸びたら
夜間断乳の断ミルクを始めてみるなど
赤ちゃんの様子を見ながら始めてみてくださいね。

そして、次はどうやって「夜間断乳」を始めるかということですが、、、

始めは夜に授乳するミルクの量を少し減らしてみましょう。
慣れてきたら、減らす量を少しずつ増やしていきましょう。
また、ミルクから麦茶や白湯など赤ちゃんも飲める飲み物に変更するのも
一つの手です。

白湯や麦茶はミルクに比べてカロリーが少ないです。
もし、検診時などに赤ちゃんの体重のことが問題になってきたら
ミルクから切り替えるのも良いと思います。
もちろん、全てを切り替えるのではなく
「今はあげない方がいいけど、あげないと泣き止まないからあげようかな」
なんていう時に
ミルクの代わりにあげてみてくださいね。

夜間断乳でフォローアップミルクは必要?

離乳食のコーナーに置いてあるのを見かけることが多い
「フォローアップミルク」は必要なのでしょうか?

そもそも「フォローアップミルク」とはなに?
と思う方も少なくないかと思います。
フォローアップミルクというのは、離乳食が始まった赤ちゃんのためのもので
離乳食では補えない栄養素を補うためのミルクです。

離乳食では摂取しづらい、主にカルシウムやミネラルが含まれています。
どんどん成長をしている赤ちゃんにとって
必要な栄養素を必要な分だけ摂取しなければなりません。
その補完をしてくれるのが「フォローアップミルク」というわけです。

このフォローアップミルクが夜間断乳に必要かどうかということですが、
フォローアップミルクはあくまで、足りない栄養素を補うためのものです。
日中の離乳食を食べた時になかなか食べてくれなかった時などに使用します。

絶対に飲まなければいけないものでもないので、
昼間の食事だけできちんと栄養が足りているのであれば
夜間断乳の時には必要ないかと思います。

まとめ

今回は、完ミの赤ちゃんの「夜間断乳」についてお話ししました。

おっぱいを飲む子もミルクを飲む子もそこまでの違いはありません。

赤ちゃんそれぞれペースは違うのでその子にあった時期に、
その子のできる範囲のペースから始めてみてくださいね。







CATEGORIES & TAGS

gumi0323,

Author: