女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

kiyokuma

サウナはダイエットに逆効果?その疑問を徹底検証!!

サウナはダイエットに逆効果って
聞いたことがありませんか?

せっかくダイエットのためにサウナに入っているのに
それで効果がないどころか
逆に太るんだったら悲しい
ですよね。

なので
それが本当かどうか知りたいところ。

そこで
このページでは
本当にサウナがダイエットに逆効果なのか
その事実を徹底検証
しました!


サウナを使ってダイエットに励んでいる方はもちろん
これからサウナでダイエットをしようとしている方も
ぜひ、
この記事を読んでくださいね。

サウナは痩せないって本当?

まず、
よく言われていることとして
サウナでは痩せない」という説です。

この説は
サウナで出るのは水分だけで
水分は後で補給するので
結局、サウナで痩せることはない

という意見ですが
これは本当です。

人間の汗には
・体温を下げる汗
・運動などで出る汗
の2種類あります。

最初の体温を下げる汗は
暑い場所にいて温度が上がることで
体の体温を下げるために出る汗で
この汗はほとんどが水分なので
この汗をいくらかいてもダイエットには効果がありません。

そしてサウナでかく汗も
この体温を下げる汗
です。

そのため、いくら汗をかいても
これで体重が減ることはありません。

一方
運動などでかく汗は
皮膚の深層部から出る汗で
血液中にある分解された脂肪を含んだ汗
です。

つまり脂肪も含まれているので
ダイエットに効果がある汗
になります。

サウナはダイエットに意味がないの?

では
サウナでかく汗が
ダイエットに効果がないのでは
サウナ自体が意味がないのか

というと
そうではありません。

サウナで暑い場所にいることで体が温められ
平熱を上げる効果
があります。
サウナに入ることで身体が温められ、血管が広がって全身の血行が良くなるからです。

また、
それと同時に甲状腺の働きが活発になり、
代謝を上げる作用があるサイロキシンというホルモンの分泌が良くなります。
そして代謝が上がり平熱を上げる効果が得られます。

つまりサウナに入ることで
代謝の改善につながり痩せやすい身体作りができる
ため
ダイエットそのものに直接的な効果はなくても
ダイエットしやすい体づくりという意味では
サウナはものすごい効果があります。

サウナで逆に太ると言われている理由

なお
サウナで逆に太る
と言われている理由
として

  • サウナほどの高温になると
     脂肪を分解するリパーゼという酵素が働かない
  • 高温すぎるので、体が危険を感じて代謝を下げる
  • サウナから出てきた後に体重を測ると体重が増えている

という3つの根拠からです。

1つ目2つ目に関しては事実なのですが
それは
サウナの中にいるときの話ですよね。

さっきも説明したように
サウナというのは
身体の代謝を上げて痩せやすい体づくりをする
ことがサウナに入る目的ですので
サウナの中で痩せることを目的としていません。

そのため、
サウナの効果は
サウナから出た後の日常生活で発揮されるわけで
サウナの中で痩せやすい、脂肪が分解されない
というのは
何もデメリットではない
のです。

ですので
「サウナはダイエットに逆効果」というわけではありません。

サウナから出ると体重が増えている理由

また
サウナから出てきた後に体重を測ると体重が増えている
というのは
それもそのはずです。

というのも
サウナではたくさん水分補給をしますよね。

そして
その水分補給の量が
出る汗の量よりも多ければ
当然、サウナから出た後の体重は増えている
はずです。

ただ
何度もいうように
サウナはサウナの中で痩せるために入るものではありません。

サウナから出た後に
代謝が上がって痩せやすい身体作りができるように
入るもの
です。

ですので
サウナの中だけを見て
サウナは逆効果だ、逆に太る!
といっているのは
知識のない人のデタラメ話なので
信じないようにしましょう。

まとめ

今日は
サウナはダイエットに逆効果なのか
サウナは逆に太るのか
という
疑問についてお答えしていきました。

結論からすると
サウナがダイエットに逆効果だったり
サウナで太ることはありません。

ですが
サウナの中だけで痩せる効果を得たい方には
サウナは向いていない
と思います。

なぜなら
サウナは
身体の代謝を上げ痩せやすい体づくりをするために
効果がある
からです。

なにごとも
基礎づくりが大切なように
ダイエットでも痩せやすい体づくりができているのは
大変意味があることです。

ぜひ
サウナを有効活用して
ダイエットに適した身体作りをしてくださいね。







CATEGORIES & TAGS

kiyokuma,

Author: