女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

mamapon

掃除したのに!お風呂に湯垢が浮く原因は何?

2018年3月25日

お風呂に湯垢が浮いているときはありませんか?

湯垢の原因はお風呂に入った時に、
お湯に溶け込んだ皮脂汚れが原因です!

湯垢は酸性の汚れです。
この酸性の汚れを落とすには
アルカリ性のもので掃除しなければ綺麗に落ちません。

そこで今回は、
湯垢を掃除で落とし切るコツと方法について
記事にまとめます。

[理解がもっと深まる関連記事]

湯垢を掃除で落とし切るコツは?方法を伝授!

湯垢を掃除で落とし切るコツは、
温かいお湯で掃除することです!
なぜなら湯垢掃除には
アルカリ性の重曹を使うからです。

重曹はお湯に溶けやすいため、
お風呂に入って
湯船から出たついでに
湯垢掃除をすることをオススメします。

湯垢の掃除方法は次の通りです。

浴槽に張られたお湯の中に、
200gの重曹を入れてかき混ぜます。
この状態で放置すれば綺麗に湯垢が取れます!

頑固な湯垢であれば、
この状態で1日放置します。

すると翌日には綺麗になっているので、
あとはいつもと同じように
スポンジで擦りながらシャワーで綺麗に流すだけです。

とっても簡単でエコなので
この方法で
湯垢を綺麗にされることをオススメします!

私の場合は、
お風呂で使っている子供の玩具や洗面器、
そしてお風呂の椅子なども一緒に浴槽に入れて、
重曹につけています。

つけ置きしておくことで
これらに付いた
皮脂汚れも綺麗に落ちるのでとても便利です!

クエン酸を使った簡単な湯垢のとり方

基本的に
クエン酸は酸性なので
湯垢ではなく、水垢汚れに有効的です!

なぜなら、
水垢は水道水に含まれるミネラルが原因なので
アルカリ性の汚れになります。

そのため
クエン酸はアルカリ性の水垢汚れに有効的なのです。

よって
湯垢には基本的に重曹を使いますが、
重曹とクエン酸を一緒に使うと
水垢も湯垢も同時に取ることが出来るので、
一緒に使うこともオススメです。

クエン酸だけで使うときは、
残り湯にクエン酸1カップを入れてかき混ぜます。
これもこの状態で放置して、
最後はスポンジ擦り洗いしながらシャワーで流すだけです。

まとめ

私は湯垢を落とすときは
基本的に重曹を使って綺麗に落としています。

重曹は環境にも優しく、
安くて経済的なのでとてもオススメです!

お湯の張られた浴槽に
200gの重曹を入れるだけで
綺麗に湯垢が落ちることを知ってからは、
この方法でずっと掃除しています♪

私が浴槽の湯垢を落とすときは、
子供の玩具なども一緒に入れて洗っているのですが、
一度に沢山入れて洗えるので効率的です。
この方法もぜひ試してみてくださいね。

クエン酸も重曹と一緒に使うと有効的ですし、
これも環境に優しいのでオススメです。
換気扇を回すこともお忘れなく!

ぜひ私がしている湯垢の落とし方で
掃除されることをオススメします。

[ご一緒にこちらの記事もいかがですか?]







CATEGORIES & TAGS

mamapon,

Author: