女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

uta.tay

授乳中の夜食にパンは食べていい?おすすめの夜食は?

授乳中はとてもお腹が空いて、間食が増えがち。
夜中に授乳や夜泣きで起きたときにも、
お腹が減って夜食を食べたい・・・と思うママも多いようです。
そんなとき、パンは夜食として食べてもいいのでしょうか?
その点をこの記事では説明していきます。

そもそも、授乳中は夜食を食べてもいいの?

授乳中はママの栄養を母乳で赤ちゃんに渡しているので、
多めに食べてカロリーをとる必要があります。

といっても、授乳中に推奨される摂取カロリーは、
個人差はありますがおおむね+350キロカロリー
とされています。

意外と少ないと感じませんか?
必要な栄養やエネルギーは、
3食の食事をしっかり摂ることで十分
だったりします。

私はそうとも知らず、
間食でカロリーをとるという大義名分で、
好きなものをたくさん食べて、授乳中なのに太ってしまいました・・・。

なので、おやつや夜食は、
お腹が減ったときの小腹を満たしたり、気分転換のため
と考えてくださいね。

夜中にお腹が空くと眠れなくなってしまいますし、
不慣れな育児のストレスからも、おやつが食べたくなります。
あまり我慢しすぎず、間食を楽しみましょう。

夜食にパンは食べていい?おすすめの夜食は?

では、夜食としてパンは食べていいのでしょうか?
パンはカロリーが高めなので、
推奨される摂取カロリーはオーバーしてしまう可能性
があります。

また、パンには糖質が多く含まれているため、
食べると血糖値が上がり、太りやすくなります。
消化にも時間がかかるので寝つきにくくなり、
授乳で睡眠不足の身体にはあまり適していません。

夜食には低糖質でヘルシーなものがおすすめです。
ヨーグルト、チーズ、ゼリー、ウエハースや、雑炊やスープなど
温かいものもいいですね。

とはいえ、授乳中は本当に疲れますし、ストレスのたまる期間です。
あまり頭でっかちにならず、
楽しく夜食をとって気分転換も
していきましょう。

まとめ

今回は、
授乳中の夜食にパンを食べてもいいか?という疑問について考えました。

夜食は、授乳中のカロリーや栄養をとるというよりは、
あくまで小腹を満たしたり、気分転換として楽しむもの
ととらえましょう。

ただ、夜食にパンを食べることは、
太ったり睡眠を阻害したりする可能性がある
ので、
あまり良いものではないようです。

低糖質でヘルシーなものを選ぶべきではありますが、
あまり凝り固まらず、夜食でうまく気分転換していきましょう!







CATEGORIES & TAGS

uta.tay,

Author: