女性のための情報メディア womap

子育て、掃除、離婚など女性の生きる道しるべになるような情報を多数掲載中

kiyokuma

赤ちゃん(新生児)の足の爪が伸びない原因は?栄養不足?

可愛い我が子の
手の爪切りをしているときにふと思うのが
うちの子、手の爪はよく切るのに
 足の爪は全然伸びないなぁ・・・

ということ。

手の爪はちょくちょく爪切りをしているのに
足の爪はほとんど伸びないと
「もしかして栄養不足?」

と悩みますよね。

でも
安心してください。
赤ちゃん、特に新生児の頃は
みんな足の爪は全然伸びないんです。

そこで
このページでは
赤ちゃんの足の爪が伸びない理由を
お伝えしようと思います。

赤ちゃんの足の爪が伸びない理由:足を使っていない

赤ちゃんの足の爪が伸びない理由ですが
その理由としては
基本的に足の指を使っていないからです。

というのも
新生児の頃は
手はよく動かすのにほとんど足は動かしません。

顔をかいてしまったり、
寝ているときのタオルを握ったりして
そういう意味で
手はいろいろな刺激を受けている一方
足の指を動かすことがないので
足の指はほとんど刺激を受けることはありません。

ですので
刺激を受けていない=使っていない
と脳は判断するので
栄養がつま先に回っていないため
爪が伸びにくい
んです。

足の爪を伸びないのは、まだ足の指をあまり使っていないから

そして
実はこれ、
大人でも同じです。

大人でも
手の方が足より爪が伸びやすいですよね。
これも
手の方が良く使うから
その分、栄養が行き渡りやすいから
なんです。

ですので
赤ちゃんの足の爪が伸びないのは当然
と思っておいて安心してくださいね。

赤ちゃんの足の爪はいつから伸びるの?

それでは
赤ちゃんの足の爪はいつから伸びるのでしょうか?

当然、
赤ちゃんの発育には個人差があるので
具体的に「いつ」ということをお伝えするのが難しいのですが
基本的には
今、足を使っていないから足の爪が伸びていない
ということは
逆にいうと
足に刺激が出始めたら徐々に伸びるようになります。

たとえば
ハイハイもそうですし
つかまり立ちやあんよなど
足の指の力を使うときになれば

急に爪が伸びてくると思います。

まぁ
急にと言っても
大人もそうであるように
足の爪の伸び率は少ないので
そこまで一気に伸びることはないので安心してくださいね。

ですので
赤ちゃんが足を使うようになってきたら
こまめに足の爪を見てあげるようにしましょう。

まとめ

今日の記事では
赤ちゃんの足の爪が伸びない理由について
お伝えしました。

基本的に
足の爪が伸びないのは
足の指を使うことがないので
そこに刺激がいかず、栄養がそこまでいかないから
です。

ですので
ハイハイやつかまり立ち、あんよなどを
するようになったら
それに応じて足の爪も伸びてきますので
そんなに心配しなくても大丈夫です。

1つ1つ
大人に近づいていくと思って
暖かく見守ってあげましょうね。







CATEGORIES & TAGS

kiyokuma,

Author: